会社概要・沿革

ご挨拶

当社は「アライドコーヒー」という社名の通り、石光商事株式会社を中心に関西の有力コーヒーロースターが出資して設立した共同焙煎工場として1973年にスタートしました。爾来、43年間に亘り、コーヒーのOEM専門工場として、焙煎やブレンド、粉砕や包装に関するお客様の多様で厳しいご要望にお応えして参りました。その結果、家庭用個包装製品から工業用バルク商品まで多種多様な製品を、品質基準を厳守しながら低コストで生産するシステムを確立する事が出来ました。 どんなに最新鋭の生産設備であっても、最後に商品に生命を吹き込むことができるのは人間の力です。科学的管理手法や熟練の技術力、そして何よりもコーヒーの価値を高めたいという情熱を持った弊社のコーヒークラフトマン達が、皆様のコーヒー作りのお役に立ちたいと毎日仕事に取り組んでいます。是非皆様の目でその価値をお確かめ下さい。

企業理念・行動規範

ともに考え、ともに働き、ともに栄えよう

社員とともに、お客様と共に、仕入先と共に、社会と共に、世界と共に共存共栄、切磋琢磨、相互扶助の精神で

私たちは日本一やる気のあるコーヒー会社を目指します。
  • やる気があれば知恵が湧く
  • ピカピカの工場
  • やる気があれば身体が動く
  • 元気な声、素早い行動
  • やる気があれば人が集まる
  • 仕事は断らない 取りに行く
  • やる気が環境を変える
  • 同じ間違いを繰り返さない
  • よく働き、よく学び、よく遊ぶ
顧客満足を追求します。
  • コーヒーの品質について、特にコーヒーの命である鮮度にこだわった商品創りを目指します。
  • 製造原価について、継続的なオペレーション改善によりコスト削減に努めます。

組織図

神戸本社工場
大阪工場

神戸本社工場

総務管理TM
経理/人事/
労務/製造業務
バルク原料製造TM
生豆原料/焙煎/
粉砕/直取
包装TM
ラミ包装製品/紙管/
コーヒーバッグ製品/
水出しコーヒー製品
  • 品質保証室
  • 品質管理TM

大阪工場

製品業務
ICチーム
インスタントコーヒーバルク
/インスタントコーヒー瓶製品
/インスタントコーヒー袋製品
RCチーム
コーヒーバック製品
  • 品質保証室
  • 品質管理TM

会社概要

2000年2月
ISO9001認証取得(神戸本社工場)→2016年5月更新せず
2001年3月
有機農産物加工食品製造業者認定(神戸本社工場)
2015年6月
FSSC22000認証取得(大阪工場)
2016年5月
有機農産物加工食品製造業者認定(大阪工場)
社名 関西アライドコーヒーロースターズ株式会社
所在地
本社工場
〒658-0023
兵庫県神戸市東灘区深江浜町12番3号
TEL 078-452-5741 FAX 078-452-5743
大阪工場
〒555-0034
大阪府大阪市西淀川区福町1丁目2番24号
TEL 06-6474-1320 FAX 06-4866-5774
創立 1973年11月15日
資本金 3億3020万円
従業員 79名 (パートタイマー含む)
敷地面積 3197㎡
建物延面積 2759㎡
設計・管理 株式会社安井建築設計事務所
建築物施工 株式会社谷安組
機械設備施工 神鋼電機株式会社
取引銀行 株式会社三井住友銀行神戸営業部
業務内容
  1. コーヒー豆の受託焙煎加工
  2. コーヒー豆の受託粉砕加工
  3. レギュラーコーヒーの受託包装加工

沿革

1973年11月 関西アライドコーヒーロースターズ株式会社設立
資本金2億5400万円
1975年10月 焙煎機 GOTHOT2000、プロバット45Kgを設置
1984年9月   ボッシュ包装機を設置
1985年7月 粉砕機 日本グラニュレーター101を設置
1987年4月 湾岸線開通のため、本社工場を移転
焙煎機 バーンズ120Kgを設置
真空缶詰包装機を設置
粉砕機 日本グラニュレーターGRN6402Fを設置
1989年3月 焙煎機 遠赤外線ロースターを設置
ボッシュ全自動縦型包装機(NP-A)を設置
1990年12月 粉砕機 ガンプ8888(ブロオノックス社)を設置
1992年1月  粉砕機 日本グラニューレーターGRN6042FCを設置
縦ピロー包装機(東京自働機TPB)を設置 
1993年10月 神戸工場を増設、焙煎機NOVA-2000Uを設置
自動生豆開袋機とGクリーナーを設置 
1997年8月 コーヒーバッグ包装機(CBA、CBB)2台を設置
真空包装機(VBX)を設置
焙煎機FUJIを改造(炭焼/遠赤/ノーマルの切替対応)
2000年2月 ISO9001を取得
2001年3月 神戸工場 有機JAS製造認定工場を取得
2002年7月 コーヒーバッグ包装機(CBC、CBD)2台を増設
2005年4月 コーヒーバッグ包装機(CBE、CBF)2台を増設
2005年7月 コーヒーバッグ包装機(CBG)1台を増設
2007年2月 焙煎機NOVA2000-Uにプレヒーティングシステムを設置
2007年9月 大阪工場完成、コーヒーバッグ包装機3台を増設(CBH、CBI、CBJ) 
2009年3月 焙煎機NOVA、GOTHOT、バーンズの燃料を灯油から天然ガスに転換
2010年7月 粉砕機ガンプ888(MPE社)を設置
2010年11月 コーヒーバッグ高速包装機2号機(CBK)を大阪工場に設置
2011年4月 コーヒーバッグ包装機3台(CBE、CBF、CBG)を神戸工場から大阪工場に移設
2011年5月 TPBでフィルターバッグの生産を開始  
2012年7月 大阪工場 インスタントコーヒー生産部門を石光商事から移管
2014年10月 焙煎機バーンズを撤去して焙煎機プロバットEN500Rを設置
2015年7月 大阪工場 FSSC22000を取得 
2015年9月 コーヒーバッグ高速包装機2号機(CBL)を大阪工場に設置
2016年5月 神戸工場 ISO9001を返上
2016年6月 大阪工場 有機JAS製造認定工場を取得
2016年9月 ボッシュ全自動縦型包装機(TW330A)をSVE2520WRに更新
2017年9月 コーヒーバッグ包装機(CBC)をFPG-MT1に更新